TOP

悪徳エステ業者の手口

悪徳エステ業者は長年存在してきました。法律も改正され消費者の私たちが安心できる ようにもなってきました。お客様の為にという優良なエステも存在します。しかし、 悪徳エステもまだ存在しています。その手口の巧妙さ長い間あまり変わっていません。 その手口を紹介していきましょう。

1.巧みな勧誘で近づいてくる

街でアンケートに答えて無料体験チケットプレゼント
美容に関するアンケート、またはエステに関する意識調査などのアンケートに協力してください。と街で声をかけられます。そのお礼に無料で体験できますよとか、無料で肌のチェックできますなどど言ってお店に連れていきます。
インターネットの懸賞サイトで体験チケットが当選したと連絡がくる
実際に懸賞サイトなどに応募する人は多くいます。そこで当選の連絡が来て、チケットには有効期限があるので体験の予約を入れるように言わることもあります。
友達や知人の紹介で勧誘する
エステに対しての印象が良くなくても、友達や知人の紹介なら安心してお店に行ってしまいます。そこで友達価格として高額な契約をせまることもあるようです。

2.こうやって契約をせまる

不安をあおる
エステに行ってみようと言う人は、何かしら自分の美について意識している人が多いので、指摘されると考えてしまいます。「このままだと大変なことになりますよ」などど必要以上に不安をあおって契約させようとします。
契約するまで長い時間勧誘する
エステでは服を脱いだ状態で、ほぼ裸で施術を受けますが、その状態で数時間話を聞かされることもあります。エステティシャンが何人も来て話をすることも。なかなか帰らせてもらえない状況で契約をせまります。
絶対に痩せるなどと効果を断定する
人によって効果は違ってきますし、絶対なんてありえないのに、体験の施術の効果を利用して絶対に痩せるからなどと言って契約をせまる。
悩んでいるのに契約を即決させそうとする
「決めるなら今だよ」とか「じゃあ10分くらいで考えて決めて」と言われ契約をせまる。

3.契約後から次々と関連商品などを次々契約させる

一旦契約して、しばらく通っている間に必要なものということで、関連商品を次々に契約させられる。いつの間にか高額な契約になってしまうこともあります。